You are here
賃貸物件はここが良い!?持ち家にはない魅力

賃貸物件はここが良い!?持ち家にはない魅力

持ち家と賃貸物件の違い

持ち家は賃貸と違って壁に物をかけるときに釘を使って穴をあけることができたり、自分好みの家にリフォームをしたくなっても費用があればやりやすいでしょう。また、家を自分の資産として残すことも可能です。しかし、賃貸のほうが家に住むときに最初に発生する費用が少なく済んだり、住み替えも行いやすいでしょう。他にも賃貸物件でないとすることができない魅力も多くあり、新しい家に住みたい時には持ち家だけでなく賃貸の利点を知る必要がありますよ。


人付き合いが得意でない人は賃貸がいい

持ち家の場合は回覧板や祭りなどの近所づきあいがある程度必要になるので、人と話すのがあまり得意でないと付き合うのが大変になるでしょう。近所づきあいが下手なことが原因でトラブルが発生してしまったら、快適な生活を送ることも難しくなります。しかし、賃貸物件なら人付き合いも少ないので、無理に付き合ってストレスがたまる心配も減るでしょう。ただし、一戸建ての賃貸物件に住んでいる場合は近所づきあいの機会が増えるので注意しましょう。


災害によるトラブルがあっても負担が少なくて済む

地震や火災などが原因で家に大きな被害が出てしまうと、持ち家の場合は大きな資産の損失になります。しかし、賃貸物件は自分で用意した家具などの損失は持ち家と同じくありますが、被害は少なくできるでしょう。そして新築を建てたばかりなのに災害で住むことが難しくなってしまったら、これから生活できるのか不安になってしまい、体調にも影響が出ます。そのため、災害が心配で損失をできるだけ抑えたいと考えている人は賃貸物件を選んだほうがいいでしょう。



賃貸の場合、新たな物件への住み替えが手軽にできるため、ライフスタイルの変化をはじめとした様々な状況において役立ちます。

Related posts