You are here
賃貸物件どうしの遠距離引越しでお得な方法

賃貸物件どうしの遠距離引越しでお得な方法

単身者の遠距離引越し

賃貸物件から賃貸物件へ引越すとき、特に単身者で遠距離の場合は、荷物を搬出してから新居へ搬入するまでの過程がたいへんです。家族と手分けできればどうということはないのですが、1人で同時に2か所にいることはできないため、いろいろ難しい問題が起きます。荷物を搬出した後に掃除をしたり、現状回復費用の査定に立ち合ったりしなければならないため、新居に着くのが遅れがちになります。引越しトラックより到着が遅くなることもおおいにあり得ます。


鉄道のコンテナ利用がお得

遠距離の引っ越しなら、トラックでドアツードアで運ぶより、途中で鉄道のコンテナを利用した方が費用が安く済みます。しかも、トラック輸送に比べて揺れも衝撃も少なくて済むため、梱包も簡単に済ますことができます。目的地の駅にコンテナが着いたら、そこで数日間、無料で保管もしてくれます。引越し会社の中には、途中のコンテナ利用の手配もすべて込みになっているプランを用意しているところもあります。それを利用すると簡単です。


コンテナを荷台に積んだトラックが家へ

引越し会社のプランを利用すれば、面倒な手続きもいらず、普通の引越しと何も変わりません。荷物の搬出のときには、荷台にコンテナを積んだ引越しトラックが来ますので、そこに引っ越し荷物を積み込みます。あとは旧居での用をすべて済ませてから新居の賃貸物件に向かえばいいのです。数日間は駅で荷物を無料で預かりますので、急ぐ必要はありません。新居に着いたら、荷台にコンテナを積んだトラックが来ますので、そこから荷物を部屋に搬入します。



帯広市の賃貸マンションは、一人暮らしをするのに最適な賃貸マンションとなっていて設備や防犯性などが充実しています。

Related posts