You are here
賃貸住宅につきものの敷金と礼金について知っておくべきこと

賃貸住宅につきものの敷金と礼金について知っておくべきこと

初期費用を抑えたい人に嬉しいゼロゼロ物件も

敷金、礼金といえば、賃貸住宅につきものの初期費用ですよね。お部屋を借りる時、敷金と礼金が少しでも安いところを選ぶ人も多いのではないでしょうか。最近は、ゼロゼロ物件という、敷金も礼金もゼロの物件も登場しています。入居者にとっては、ただでさえ物入りな引越しですから、初期費用が安いのは嬉しいですね。ゼロゼロ物件は、保証会社への加入が不可欠であったり、家賃が少し高めであったり、ということも多いですが、とにかく初期費用を抑えたい、という人にはおすすめです。


礼金は戻ってこない!

ところで、敷金と礼金の違いってご存知でしょうか。一緒に支払うものですから、その違いがよく分からない、という人も多いようです。しかし、敷金と礼金はまったく別物です。ポイントは、敷金は返ってくるが礼金は返ってこないという点です。つまり、同じ4ヶ月でも、敷金2ヶ月礼金2ヶ月の物件と、敷金4ヶ月礼金0ヶ月の物件では全然違う、ということです。最初にかかるお金は同じですが、敷金は将来返ってきますので、敷金が多い物件の方を選ぶべきだ、ということが分かりますね。


敷金から引かれる費用を契約書でしっかり確認

しかし、敷金は全額戻ってくるわけではありません。原状回復費用はもちろんのこと、ハウスクリーニング費用も入居者の負担とされている契約が多いため、預けた敷金の半分も戻ってこないことが多々あります。ハウスクリーニング費用は、本来家主が負担すべきですが、契約書に明記されている場合には、入居者負担とすることができます。契約書はよく読まなければいけない、ということがよく分かりますね。入居の際にお世話になる不動産屋さんは、どちらかと言えば付き合いの長い家主の味方につくことが多いので、借主は不利な契約になっていないかどうか、しっかりと自分の目で確認するようにしてくださいね。



帯広の賃貸マンションは、オートロックから防犯カメラまで様々な防犯セキュリティが取り付けられている賃貸マンションになっています。

Related posts