You are here
知らないと損する賃貸借契約の交渉の仕方!

知らないと損する賃貸借契約の交渉の仕方!

賃貸借契約ってなに?

賃貸借契約は、ものを借りてそれに対価を支払うことで成立する契約です。日本では、不動産やマンションの賃貸借契約が一般的に普及していますが、例えば、工業機械などの賃貸借、畑などの賃貸借など事業を継続する上で不可欠なものについても賃貸借契約が締結されることが多くあります。このような賃貸借契約は対価の支払いが重要であり、たとえものを借りてこれに対する謝礼を支払うような場合でも、賃借物との対価関係にない金銭に過ぎない場合は、使用貸借契約となります。


賃貸借契約の注意点!

賃貸借契約を締結する場合、賃借物となる物の特定および賃料の設定さらに賃借期間について決めることが通常ですが、ここで注意すべきなのは、自分がどのような物をいくらでどのくらいの期間借りたいか交渉前にあらかじめ明確に考えておくことです。というのも、マンションの賃貸借は2年おきに更新されることが多いですが、自分が2年と数か月しか賃借しない場合などに更新料を支払うことはもったいないです。そのため、このような場合は、2年数か月を賃借期間として更新をしないとの内容で契約を締結するほうが良いです。


賃料などの条件は変えられる!

そもそも、賃貸借契約の内容をどのように設定するかについては、当事者にゆだねられています。そのため、賃料や期間については十分に変更がきくことになっています。例えば、当初10万円などの賃料で交渉がスタートしても借りるマンションの形状や立地条件などであまり借り手がみつつからない物件であれば、8万円などに引き下げ契約を締結することは十分に可能です。そのため、交渉段階においては賃借物の内容をよく理解し分析することが大切です。



札幌の賃貸マンションのメリットとして、都市部への通勤や通学に便利であることや、自然環境に恵まれていることがあります。

Related posts