You are here
初めての注文住宅! 気をつけたいポイントはここです

初めての注文住宅! 気をつけたいポイントはここです

注文住宅とはどんな住宅?

どのような家を建てるのか、根本的な部分からハウスメーカーと話し合って建築するのが注文住宅です。すでに建築済みの建売住宅とは大きく異なります。家を建てる土地を所有していることを前提に、予算に合わせて自分好みの家を建てられるのです。ゼロから設計図を作成してもらうことも可能ですし、ハウスメーカーが用意した基本設計を部分的に変更して建築することもできます。住宅の設計に慣れている注文主は少ないので、ハウスメーカーの営業担当と二人三脚で設計を考えるのが通例です。


長期的な視点で詳細を決めよう

注文住宅は、家のあらゆる点を自分好みにできるメリットがありますが、それは同時にデメリットでもあります。壁紙や外壁の色、キッチンの設備など、決めなければいけないことが多いので迷ってしまうのです。予算に大きく左右されますが、間取りや設備については長期的な視点に立つことも必要です。その家に何人住む予定なのか(子ども部屋は何部屋用意するか)を考えるだけでも間取りは決めやすくなります。将来、広い部屋を区切って子ども部屋する方法や、区切ってある部屋の壁を撤去して広間にできるように設計しておく方法もあるのです。


家を建てたあともお金はかかります

注文住宅の設計を考え始めると、自分たちにとって最高の家を建てようと考えるはずです。それは自然なことですが、ここで予算をすべて投入してよいかどうか、少し考えてみてください。完成した家は、ゆるやかに傷みが発生します。外壁の塗り替えや、屋根の修繕など修理が必要な部分が出てくるのです。また、家族が高齢になることで、バリアフリー化のリフォームが必要になる場合もあります。新築当時の状態がずっと続くわけではないので、ある程度の予算を残して家を設計するのもひとつの方法です。



注文住宅とは施行主が業者に希望を話しながら建てることを依頼する建築の請負契約です。一方、建売住宅は業者が建築した住宅を買う売買契約です。

Related posts